加圧シャツの効果

加圧シャツって本当に効果があるの?

着るだけで加圧効果により、体を引き締めると評判の加圧シャツですが、本当にそんなに効果があるのでしょうか?

 

販売サイトを見るといかにもムキムキになれますって感じの売り込みを見かけますが、疑わしい...

 

良いことばかり書いてあって、結局効果ないんじゃないの?って正直思ってしまいます。

 

口コミを見ても良い評価、悪い評価がまちまちです。

 

しかも加圧シャツは種類がたくさんあって、違いがよくわからない。

 

購入しようと思っても、最初はなかなか判断できないと思います。

 

私もはじめて加圧シャツを購入しようと思ったときは悩みました。どうせ買うなら一番効果があるものがいいと思い、いろいろと調べました。

 

そして、実際に購入もしてチャレンジしてみました。

 

そんな私が、今回加圧シャツ選びについてまとめてみたので、よかったら参考にしてみてください。 

加圧シャツを使わないほうがいいのはこんな人!

 

 

着るだけで体を引き締めてくれる加圧シャツですが、実は使わないほうがいい人もいます。

 

以下のような人にはおすすめが難しいです。

 

 

 

  • ムキムキのマッチョボディを目指したい人
  • ピタッとした服が嫌いな人
  • すぐに理想のボディを手に入れたい人

 

 

 

 ムキムキのマッチョボディを目指したい人

 

 

 

加圧効果で筋肉を刺激する加圧シャツですが、ムキムキのマッチョボディになるには、加圧シャツだけではハッキリ言って無理です。

 

体幹トレーニング効果も期待できますが、アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンみたいなボディを作り上げるには、体に相当な負荷を与え続ける必要があります。

 

そのため、加圧シャツだけでは体への負荷が足りません。

 

そういった体を手に入れるなら、やはりジムなどで時間をかけて体を鍛えることをおすすめします。

 

 

 

 

 ピタッとした服が嫌いな人

 

 

 

体を締め付けられるのが嫌な人には抵抗があるでしょう。

 

加圧シャツは少し小さめで、体にピッタリフィットするデザインになっています。

 

もちろんそれは、加圧効果を発揮するためで、逆に体にピッタリフィットしてないと加圧シャツではありません。

 

しかし、いくら加圧効果と言っても、ギュウギュウに締め上げたり、息がしづらかったリはしません。

 

そんなのとてもじゃないけど着続けられませんよね...

 

私が今まで着た加圧シャツは、締め付け感はしっかりありましたが、上半身全体にくるので、最初は違和感がありましたが、そんなに気にはなりませんでした。

 

数日すれば慣れてしまい、インナーとして加圧シャツを着ているのが普通になります。
むしろ、加圧シャツを着てないほうが物足りなくなってしまします。

 

ただ、体を締め付けられるのが嫌な人にとっては、この締め付け感がとても強く感じられ、慣れるまでにかなり時間がかかるかもしれません。

 

もしかしたら、慣れる前に着るのをやめてしまうかもしれません。

 

加圧の効果を体が鍛えられてる喜びに感じるまでには、個人差があると思います。

 

最初から締め付けに強い抵抗がある人だと、慣れるまでに時間がかかってしまい、やめてしまう可能性があるので控えたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 すぐに理想のボディを手に入れたい人

 

 

 

一週間後に彼女とデートがあるので痩せたい!
来月ゴルフがあるので筋肉質な体になりたい!
というのは、加圧シャツでは正直無理です。

 

毎日着続けるだけで、筋肉に少しづつ負荷を与えていくのが加圧シャツです。
楽チンな分、効果が発揮されるのもジワジワという感じです。

 

そのため、体も時間をかけて変化していきます。

 

現在の体型や目指している体にもよりますが、効果が目に見えて実感できてくるには、一カ月以上は待たなければいけません。

 

早く効果を求めるのなら、毎日のランニングや激しい筋トレのように体にそれなりのきつい負荷が必要になってくるでしょう。

 

ただし、加圧シャツの刺激は慣れると無意識になってきます。
勝手に筋トレ状態です。

 

何もせず苦痛無しで、効果だけ手に入れられると考えると、とても割のいい筋トレだと思います。

 

ちなみに、体をピタッと締め付けるので、見た目だけならすぐに痩身効果を得ることができます。

加圧シャツを使ったほうがいいのはこんな人!

 

それでは反対に、どんな人が加圧シャツを使ったほうがいいのでしょうか?

 

以下のような人は、一度試してみてほしいです。

 

 

 

  • ランニングをしたり、ジムに行く時間がない人
  • 飲み会が多く、食事時間が不規則な人
  • お腹周りのぜい肉を何とかしたい人

 

 

 

 ランニングをしたり、ジムに行く時間がない人

 

 

平日は通勤時間が長かったリ、残業が多かったりで忙しく、休日は子供や奥さんへの家族サービスで自分の時間がないという人も多いです。

 

私もそんな悩みを持っていたひとりで、本当は体を引き締めたいのに、まとまった時間がとれず、ランニングや筋トレができませんでした。

 

私の場合、意志が弱いのも原因ですが...

 

でも加圧シャツを着るようになってから、そんな時間が不要になりました。

 

なぜなら、着ているだけで自動的にプチ筋トレ状態になるからです。

 

仕事中はもちろん、食事中も加圧シャツを着ている間は、しっかりと筋肉を刺激してくれます。
インナー代わりで一日中着ていたので、睡眠時間すらプチ筋トレタイムです。

 

 

 

 

 飲み会が多い人、食事消費間が不規則な人

 

 

付き合いなどで飲み会などが多いと、どうしても太りやすくなってしまいます。

 

そもそもお酒自体のカロリーはそこまで摂取されません。

 

缶ビール一本150キロカロリーとして、体に摂取されるのはせいぜい50キロカロリーくらいと言われています。

 

ご飯茶碗一杯の5分の1程度です。

 

しかし、問題なのが一緒に食べるおつまみで、から揚げやフライドポテトなどの揚げ物や、締めにラーメンを食べたりで、結局高カロリーなものが多くなってしまうのです。

 

また、仕事のせいで不規則な生活になるのも太る原因になります。

 

とくに夕食が遅い時間になってしまうと危険です。

 

いくら食べる量を制限しても、エネルギーとして消費する時間が少なく、脂肪としてため込んでしまいます。

 

このように、飲酒が原因で過剰にカロリーを摂取したり、不規則な食事時間でカロリーが消費されず貯めこんでしまう人は太りやすくなってしまいます。

 

そんな人には、着るだけで加圧トレーニングになる加圧シャツは最適です。

 

常に筋肉を刺激している状態なので、無意識のうちにカロリーが消費されていきます。

 

「食べ過ぎたので、ダイエットしなきゃ!」ということもありません。普段の生活や睡眠中に、勝手に効果を発揮し続けているのです。

 

 

 

 

 お腹周りのぜい肉を何とかしたい人

 

 

30代を超えると体に脂肪がつきやすくなってきます。

 

基礎代謝が落ちてきますし、体力も衰えるため、若い時のように運動やスポーツをする時間が減っていくためです。

 

とくにお腹周りには脂肪が貯まりやすくなり、消費されずに残っていきます。

 

見た目はそこまで太ってないのに、服を脱ぐとお腹だけポッコリ出ている人っていますよね。

 

本当は筋トレで腹筋をすると、お腹周りに筋肉がついて引き締まっていきますが、毎日30回、40回と腹筋するのは大変で、なかなか続くものではありません。

 

そんなお腹の引き締めに効果的なのが加圧シャツで、お腹が出っ張った人だほど有効です。

 

まずは加圧シャツを着るだけでウエストをギュッと引き締めてくれるので、シルエットが変わります。
見た目だけなら、いきなりダイエットになります。

 

そこから着続けることで徐々に加圧効果が発揮され、本当にお腹が引き締まっていきます。

 

私はよくお腹の脂肪をつまんで効果をチェックしてましたが、つまめる量がちょっとずつ減っていくのを感じるので、チェックするのが楽しくなってきました。

 

加圧シャツの効果は、最初は見た目だけ引き締まり、次第に本当に引き締まるという感じです。

 

かっこ悪いお腹のでっぱりがなくなるのは嬉しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

以上が加圧シャツを「使わないほうがいい人」と、「使ったほうがいい人」です。

 

もし使ってみようか検討中なら、まずは自分がどちらにあてはまるかじっくり考えてみたほうがいいでしょう。

 

とくに、「使わないほうがいい人」が一つでもあてはまる場合は違う方法を探したほうが無難です。

 

逆に「使ったほうがいい人」 があてはまるなら、今度はどの加圧シャツがいいか選ぶ必要があります。

 

下記のページでは6種類の加圧シャツを比較してますので参考にしてみてください。

 

 

  どれを選べばいいの?加圧シャツ6種類を徹底比較!